忍者ブログ

ラース・ワウの聖戦士

 TVゲームのプレイステーションやps2を主にゲームリポートしたブログです。

PSソフトとPS2のソフトと各種本です。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログランキング
プロフィール
HN:
リットリオ
性別:
男性
職業:
自由人でありたいと願っています。
趣味:
ゲーム三昧
自己紹介:
ただ今、古めのゲームから攻略中で、
PSやPS2が主となっております。

PCメールはほとんど見てないので、
用事のある方はHPからの投稿で
お願いします。


・よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

◇◆次回、掲載予定のタイトル◇◆


・THEお姉チャンバラ

・ビートダウン

・ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター

・エヴァーグレイス

・エヴァーグレイス2

・信長の野望 蒼天録

・義経英雄伝

・戦国BASARA

・零~赤い蝶~

・パンゲア&バウンダリーゲート 




最新記事
RSS
カテゴリー
P R
各種記事
フリーエリア

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.07.21 (Fri)
Category[]

エヴァーグレイス  

  
 
 【世間的な評価は際物扱いだが】

 「装備するRPG」の触れ込み通り、身に着ける武器や鎧によって外見のグラフィックが変わる。今は珍し
くもないが、発売当時は目新しくもあったのではないか。
 忘れられがちではあるものの、着替えのできるゲームは昔は滅多になかった。PSでは実現しづらかった
機能だ。

 パッケージを見た限りでは、コマンド選択式のRPGだと思っていたが、解説書をよく読んでみるとフルア
クションタイプのRPGだということがわかった。といってもそんなに難しくないので、大抵の人ならやって
いける。

 このゲームの製作会社は、以前は極めつけに難しい作品ばかりを乱発していたようだが、どうやら方針転
換したようだ。それに従って本作の難易度も低めなので、敵の攻撃をかわしたり、魔法まで走って回避でき
るという心地良さを味わうことができる。

 これは大事なことだ。きっちり作り込んで、完成度が高いゲームだと、まるで隙がなく息苦しさばかりを
感じざるを得ない。その点、このゲームには遊び感覚がある。しばらく続けて、その点は確かであることを
確認した。

 
 
 【好みによっては深入りできる主人公】

 まずは、ゲームの特徴や操作性、システムなどを理解するために、男主人公のユグラルドで始めたが、中
盤の神殿の辺りで、落下死が何度も続いて飽きてきたので、気分を変えるためにキャラクターを交代した。

 今度は女主人公のシャルアミだ。出だしのオープニングイベントの後、小屋を出るまでのわずかな間、自
由に動かせる時間がある。ここでいろいろアクションを試してみたら、武器を持っていないときは、素手の
攻撃になることがわかった。

 この攻撃モーションが面白い。ボタン入力の強弱によって2種類の攻撃が繰り出せるのだ。通常は平手打
ち(往復ビンタ)で強攻撃は蹴り上げになる。
 視点を引き寄せると、赤髪の可愛い子の攻撃アクションがアップで見られるようになる。さらに、その攻
撃が壁に当たると、転々と飛び跳ねて痛がる所が何ともコミカルだ。
 
 さて、重要なのは武器や鎧を装備することによって見た目が変わる、着せ替えだ。スタート時のケルト風
衣裳もいいが、より肌の露出の多い服装に変えていくこともできる。

 
 
 


拍手[0回]

PR

[つづきはこちら]

2015.08.11 (Tue)
Category[PS2 RPG]
Comment(0)
Copyright © リットリオ All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.